Uncategorized

ととまえ茶に副作用はあるの?→結論:安全です!

更新日:

母乳ダイエットに効果抜群のととまえ茶。

こんなに考え抜かれて、効果が期待できそうなお茶は他にはないですよね。

効果があるのはわかったけれど、本当に安心なものなの?

そんな不安にお答えするために、ととまえ茶の安全性について詳しくお伝えしていきます。

ととまえ茶は飲みすぎても大丈夫?副作用は

今まで飲んでいた水分をととまえ茶に置き替えると、たくさんの量を飲むことになりそうです。

そんなにたくさん飲んでしまっても大丈夫なのか、副作用はないのか、気になりますよね。

結論:飲みすぎても基本的に問題ありません!

ととまえ茶は、基本的にたくさん飲んでも大丈夫なブレンドティーです。

ととまえ茶の特徴は以下の通りでした。

  • 無着色
  • 無香料
  • 無添加
  • ノンカフェイン

天然成分以外に余計なものは一切含まれていないため、基本的には副作用の心配はありません。

むしろ授乳中は、たくさんの水分と豊富な栄養が必要です。

ととまえ茶から高い栄養素を摂れるので、安心していっぱい飲んでくださいね。

とはいえ、ととまえ茶は食品です。

体内に入れるものですので、人によっては合わないかもしれません。

以下に、飲む前に注意しておきたい人を挙げておきます。

自分に当てはまるか、チェックしてみてくださいね。

注意パターン①「普段からお腹が緩い人」

普段からお腹が緩くなりがちな人は注意が必要です。

それは、ととまえ茶には整腸作用を促す成分が含まれているからです。

普段から便秘気味の人にはちょうどいいですが、お腹が弱い人は下痢になりやすいかもしれません。

絶対に下痢をするわけではありませんが、ととまえ茶を飲むかどうかは慎重に検討したほうが良いでしょう。

それでも飲んでみようとなったら、体調を見ながら少しずつ始めてみてくださいね。

注意パターン②「キク科アレルギー体質の人」

キク科のアレルギーを持っている人も注意が必要です。

ととまえ茶には、ヤーコンがブレンドされているからです。

ヤーコンは、キク科のサツモイモに似た根菜です。

ととまえ茶をたくさん飲むと、アレルギー反応が出るかもしれません。

でも安心してください。

ととまえ茶で使われているのはヤーコンの根ですので、アレルギー反応が出る可能性は低いと言われています。

そして、ととまえ茶のルイボスが、アレルギーを緩和する作用を発揮してくれます。

仮にキク科アレルギーを持っていたとしても、ルイボスの効果で抑えられるのです。

これはブレンドティーだからこそ、できることですよね。

アレルギー体質でも、極めて安全な飲み物と言えるでしょう。

それでも飲むのが不安だという人は、お医者さんに相談してみてくださいね。

注意パターン③「持病もちの人」

持病があり、通院中や投薬中などの人も注意しましょう。

ととまえ茶の安全性は高いものですが、持病との兼ね合いがどうなるかは、人それぞれ異なります。

飲み始める前に以下のことを確認しておきましょう。

  • かかりつけの医師に相談
  • 飲んでいる薬との飲み合わせ

お医者さんから、大丈夫と助言が得られれば心強いですよね。

より安心して飲むために、しっかり確認しておくことをおすすめします。

ととまえ茶には「カフェイン」が含まれていません【ノンカフェイン】

ととまえ茶にはカフェインがまったく入っていないため、その影響を気にしなくても大丈夫です。

授乳中でも安心して飲むことができるのは、ありがたいですね。

一方で、普段からよく飲むものにはカフェインが入っています。

カフェイン入りの飲み物は、赤ちゃんや母乳ダイエットにどう影響するのか気になりますよね。

なぜカフェイン入りはダメなのでしょうか?

一般的な飲み物にはたいていカフェインが含まれています

ママのホッと一息タイムには、飲み物が欲しくなりますよね。

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • コーラなどの清涼飲料水
  • 栄養ドリンク

どれも普段からよく飲んでいるママが多いのではないでしょうか。

実は、これには全部、カフェインが含まれているんです。

また、ハーブティーであれば、どれでも安心という誤解も生まれているようです。

例えば、ジャスミンティーやマテ茶などには、カフェインが入っています。

授乳期に本当に安心できる飲み物は、数少ないのかもしれませんね。

赤ちゃんのために、授乳中はカフェインの摂取を控えるべき3つの理由

授乳中にカフェインを控えるように言われる理由は次の通りです。

  • ①赤ちゃんが夜寝なくなる
  • ②赤ちゃんの情緒が不安定になる
  • ③赤ちゃんの泣く回数、時間が増える

赤ちゃんがこんな状態になってしまうほど、カフェインの作用は刺激が強すぎるのです。

というのも、カフェインには、神経を興奮させ、脳を刺激する作用があるからです。

しかも、赤ちゃんがカフェインを摂取すると、体で分解するのに3日間もかかってしまいます。

何をしても機嫌が悪くて泣き止まないとか、一晩中夜泣き対応に追われるような日は、カフェインの影響が出ているのかもしれません。

そんな状況が続くと、ママの睡眠時間も削られて、精神的にも身体的にもグッタリ疲れてしまいますよね。

カフェインの含まれた母乳は赤ちゃんにとって悪影響ですし、ママにも負担がかかります。

あらかじめノンカフェインの飲み物を選んでおけば、このような事態は避けられますよ。

そうは言うものの、今までコーヒーや紅茶が好きで飲んでいたママにとっては、カフェインのない生活はストレスですよね。

でも大丈夫。

完全にカフェインを絶つ必要はないんですよ。

ママがカフェインを飲んだとしても、母乳の中に含まれるのは摂取量のおよそ1%です。

飲みたいものにカフェインが含まれていても、それほど大きな支障は出ないので安心してくださいね。

でも、もし飲むのであれば、次の3点を気を付けてみてください。

  • コーヒーなら1日でマグカップ2杯までにする
  • 連続で飲まない
  • 授乳前30分間は避ける

これを意識するだけで、赤ちゃんへの影響はかなり少なくなります。

好きな飲み物で楽しみつつ、1日の目安以上のカフェインは控えるようにしていきましょう。

その他の水分は、ととまえ茶に変えていくのが効果的です。

授乳ダイエットのためにも、カフェインの摂取量は控えたほうがいい理由

カフェインには強い利尿作用があります。

この作用は普通のダイエットでは効果的とされています。

しかし、母乳ダイエットをするママには逆効果です。

なぜなら、過度の水分不足になってしまう可能性があるからです。

これから飲むととまえ茶にも、利尿作用を促すカリウムが含まれています。

そこへコーヒーなどのカフェインも摂ってしまうと、本来、残しておくべき水分まで外へ出て行ってしまうのです。

さらに、カフェインの血管収縮作用によって、悪循環が生まれます。

体が冷え、胃腸の調子も崩れていきます。

体全体の巡りが悪くなることで、むくみやすくなっていきます。

せっかくととまえ茶で整ってきた体の循環が、また逆戻りしてしまうのです。

ママの体内の水分量も、体の巡りも大切なものです。

カフェインを摂取すると、ととまえ茶の母乳ダイエットの効果が台無しです。

最終的な体重の変化にも影響してくるでしょう。

カフェインの摂取量は、なるべく最低限にとどめておきたいですね。

ととまえ茶は妊娠中からでも安心して飲めます!

ととまえ茶は、ママにもお腹の赤ちゃんにも悪影響はありません。

妊娠中から飲んでおけば、母乳ダイエットの準備も万全に整えられるんですよ。

母乳育児も母乳ダイエットも、ベストコンディションでスタートを切れるのは嬉しいです。

産後、みるみるうちに痩せていくのが楽しみですね。

妊婦が一番注意すべきは「子宮収縮作用」ですが、ととまえ茶は安心!

妊婦さんが飲んでも、子宮収縮が起こるリスクは低いです。

ととまえ茶の成分は体に優しいものです。

刺激の強い食べ物や飲み物を摂るより、ととまえ茶を飲んでいたほうが安全です。

さらに、無理な運動で子宮を収縮させてしまう恐れもありません。

ととまえ茶を飲んでいるだけで体の循環が整います。

このように、妊娠中からでも十分な効果を発揮してくれます。

今からたくさん飲んで、ととまえ茶の効果を先取りしちゃいましょう!

-Uncategorized

Copyright© ととまえ茶の口コミ・評判・効果は?産後ダイエットに効くと噂のハーブティーを徹底解説! , 2019 All Rights Reserved.