Uncategorized

ととまえ茶はなぜ「母乳ダイエット」に最適なのか?飲むことで得られる様々な効果を徹底解説!

更新日:

赤ちゃんを出産してから、自分の体形の 変化に驚いていませんか?

なぜか戻らない体重に、ぽっこりお腹・・・

このままの体形で戻らなかったら、どうしよう・・・

痩せられなかったときのことを考えると、不安な気持ちになってしまいますよね。

毎日、育児で忙しいママですから、自身のダイエットのために時間を割く暇もないのが現状ではないでしょうか。

まだまだ産後間もないし、ダイエットを始めるのはもう少し先かな?/st-kaiwa1]

[st-kaiwa1]母乳育児をすれば痩せられるって言うし、大丈夫だよね!

そんな風に考えてしまうのも仕方ありません。

実は、母乳育児をしている今こそ、ダイエットのゴールデン期間なんです!

「母乳ダイエット」の仕組みを利用すれば、妊娠前の体形も戻すことも夢ではありません。

この機会を逃してしまうと、本当に体形が元に戻らずに、産後太りのまま定着してしまうなんて結果になるかも・・・

それでは、このチャンスを有効に活用するために、ととまえ茶が母乳ダイエットに最適な理由と、嬉しい効果の数々をお伝えしていきます。

H2:ととまえ茶は「母乳ダイエット」をサポートしてくれるダイエットティー

母乳ダイエットとは、約6割の産後ママが実践しているダイエット方法です。

赤ちゃんに母乳を与えることで痩せられるなんて、まるで魔法のようですよね。

まずは、母乳ダイエットでどうして痩せられるのか、その仕組みを紐解いていきましょう。

母乳の栄養のために、しっかり食べたとしても、きちんと痩せることのできる体が産後のママには備わっているんですよ。

母乳のためにしっかり食べる必要がある

赤ちゃんに栄養豊富な母乳を届けるためには、ママがしっかりと栄養のある食事をする必要があります。

厚生労働省が発表している、「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、授乳期は普段よりも余計に350kcalものエネルギーが必要】とされています。

(参照:https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf)

つまり、美味しい母乳を届けるために、少し多めに食べなければいけません。

ママにとっても赤ちゃんにとっても、栄養のある食事を欠かすことはできないですよね。

そうなるとダイエットの代表格と言われる、食事制限なんてもってのほかです。

でも心配しなくても大丈夫。

授乳期は特に、カロリーを消費しやすい体になっているので、食事制限せずにダイエットを始めることができるんですよ。

母乳育児中はカロリー消費が多い時期

母乳育児をしていると、一般的に1日で約500kcalも消費していると言われています。

実際、500kcalを消費させようとすると、長い時間と激しい運動が必要です。

  • ランニング:78.5分
  • 水泳(平泳ぎ):61.0分
  • テニス:91.6分
  • ウォーキング:103.6分

本来であれば、これだけの運動をし続けないと、カロリー消費をすることはできません。

しかし、授乳中のママであれば、激しい運動しなくても同等の効果を得ることができます。

運動のための時間確保も必要ありません。

「母乳育児で痩せられる」というのは、ここに理由があったのですね。

母乳ダイエットの効果で10㎏痩せるのも夢じゃない

では、母乳育児でどれくらい痩せることができるのでしょうか。

(引用:「母乳ダイエットで本当に痩せた!」ママ600人の体験談)

「ninaru baby」のアンケートによると、約半数以上のママたちが4㎏~10㎏も痩せたと回答しています。

中には11㎏~15㎏も痩せられたというママも!

もしかしたら、妊娠前よりもスリムになっているのかもしれませんね。

授乳中のママたちの多くが、何もしていないのに痩せたという意見を寄せています。

とはいえ、それには個人差がつきものです。

絶対に、授乳だけで痩せられるわけではありません。

  • ママの食事内容
  • 元々の体質
  • 生活習慣

などによっても変わってくるでしょう。

ですが、なんにしてもこの痩せやすいゴールデン期間を逃したくないですよね。

授乳期が過ぎてしまえば、運動や食事制限でダイエットをするしか方法がなくなってしまいます。

今のうちに、ダイエットのことも意識しながら生活することが大切です。

そこで、産後のダイエットの成功の鍵を握るのが「ととまえ茶」なんです。

ととまえ茶の効果のおかげで、

  • ダイエット
  • ママの健康と美容
  • 赤ちゃんの成長

などもサポートしてくれます。

飲むか飲まないかで、ダイエットの結果は大きく変わってきそうですよ。

ととまえ茶は6種の厳選されたハーブティーで作られています

母乳ダイエットで痩せる仕組みがわかったところで、次はととまえ茶の効果について見てみましょう。

ととまえ茶は6種類の厳選ハーブによって、数多くの効果を得ることができます。

それぞれ、どんな効果を発揮してくれるのか詳しく紹介していきます。

ルイボス

ルイボスは各種ミネラルが豊富に含まれている、アフリカ原産のお茶です。

現地では古くから「不老長寿のお茶」として親しまれています。

濃い赤色のお茶ですが、クセがなく、ほのかに甘みのある味です。

ルイボスに含まれる成分で特徴的なのが、次の5つのミネラルです。

  • 亜鉛
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム

亜鉛は、新しい細胞を作るために必要なミネラルの1つです。

DNAの合成にも役立ち、赤ちゃんの発育や生命維持になくてはならない栄養素です。

カリウムは、むくみの解消に効果的です。

むくみを引き起こしてしまう原因は、体内の水分代謝が滞り、巡りが悪くなってしまうからです。

むくみを予防するには、利尿作用を高めて水分を排出する必要があります。

カリウムの成分で体の巡りを良くして、体内から余分な水分を取り除いてくれます。

さらに、フラボノイドという成分も含まれています。

これはポリフェノールの一種で、活性酸素を取り除いて細胞を老化から守ってくれます。

このおかげで、体の内側から若々しさを保つことができます。

健康維持しながら、美容にも一役買ってくれるのがルイボスなのです。

ローズヒップ

ローズヒップは「ビタミンC」の爆弾と呼ばれ、美容効果を発揮します。

ローズヒップに含まれるビタミン類は、

  • ビタミンC、A、E、B
  • 鉄分
  • カルシウム
  • リコピン

などがあります。

これらのビタミン類を摂取すると、改善が期待できるものがたくさんあります。

  • 美肌効果
  • 貧血、めまい、免疫力低下の防止
  • 疲労回復
  • ストレスによるイライラ解消
  • コレステロール値の正常化
  • 栄養の吸収を促す
  • 乱れたホルモンバランスを整える

毎日の育児で忙しい産後のママにとって、嬉しい効果ばかりですよね。

これはほんの一例で、ここでは紹介しきれないくらいの効果を、ローズヒップがもたらしてくれます。

さらに、ポリフェノールの成分が、内臓脂肪や皮下脂肪を分解して減らす効果があります。

運動をしなくても、もともと備わっている筋肉で脂肪の消費を促してくれるため、ダイエットのサポート役にもなってくれるんですよ。

美容、健康、ダイエットと三拍子揃って効果を発揮するのがローズヒップの役割です。

たんぽぽ根

たんぽぽ茶は、妊娠期から授乳期までの長い期間、ママのサポートをしてくれるお茶として有名です。

その原材料となっているのが、たんぽぽ根です。

実は、たんぽぽ根は蒲公英(ほこうえいこん)という漢方薬なんです。

漢方と言っても、嫌なにおいや渋みはなく、飲みやすいものですので安心してくださいね。

昔から健胃、浄血、母乳分泌促進の薬として用いられてきたんですよ。

たんぽぽ茶を飲むことで、

  • イライラ解消
  • 母乳分泌量の増加
  • 血行促進
  • 乳腺炎の予防
  • 高い利用作用でむくみ解消
  • 冷え性改善
  • 血糖値上昇を抑制

などの効果があります。

医学的には、たんぽぽ茶が母乳育児に有効になると証明はされていないようです。

しかし、これだけの効果を得られるのですから、授乳期の強い味方になるのは間違いないでしょう。

桑の葉

桑の葉は、桑葉(そうよう)と呼ばれる漢方薬に使用されています。

これも豊富な栄養素が含まれていて、

  • 疲労
  • ストレス解消
  • ダイエット
  • 便秘解消

などに効果的です。

青汁に含まれているケールと比較すると、桑の葉のほうが栄養素の種類も量も圧倒的に優れています。

桑の葉に含まれる成分が、血糖値の上昇を抑え、糖の吸収を緩やかにしてくれるので、ダイエットにも効果を発揮します。

飲むだけで痩せやすい体づくりの手助けをしてくれるんですよ。

さらに、赤ちゃんの成長にとって大切となる、

  • 亜鉛
  • カルシウム
  • 鉄分

なども、ふんだんに含まれています。

ダイエットをしていても、母乳の栄養は落とさずに赤ちゃんに届けることができますね。

桑の葉は、天然の健康食品やサプリメントのようなものと考えてもいいでしょう。

ヤーコン

ヤーコンは根菜の1つで、食物繊維が豊富に含まれています。

腸内環境を整えて、便秘解消に効果を発揮します。

便秘は、体内に老廃物を溜め込んでいるのと同じ状態です。

体に不調が起こるのはもちろん、太りやすく、肌荒れなどの影響が出てきます。

ヤーコンを飲むことで、体内で蓄積されている老廃物が排出されて、代謝が良くなっていきます。

そうすることで、自然と便秘解消にも繋がるのです。

腸内環境が正常に戻るため、体の内側から美しさを保つことができますよ。

体の循環を良くしながら、デトックス効果を発揮するのがヤーコンの役割です。

杜仲茶

杜仲茶は杜仲の葉を煎じたものです。

古くから中国で、健康維持に欠かせない生薬として愛されてきました。

渋みはなく、さっぱりとした味わいです。

杜仲茶の成分には、次のようなものが含まれています。

  • ゲニポシド酸
  • アスペルロシド
  • グッタペルカ

特にゲニポシド酸が多く含まれていて、脂質の代謝を促す効果があります。

そして、アスペルロシドは、内臓脂肪を減少させる効果を担っています。

この2つの成分で、よりダイエットの効率が良くなり、痩せやすくなっていきます。

また、杜仲の葉をちぎると、グッタペルカというネバネバした液体が出ます。

それが活性酸素を除去して、血液をサラサラに変えてくれます。

血の巡りが良くなると、血液から作られている母乳にも良い影響が出てきます。

ママから赤ちゃんへ栄養満点の母乳が、スムーズに運ばれるようになるのです。

さらに、杜仲茶を飲み続けることで、他にも嬉しい効果があります。

  • 肩こり、冷え性改善
  • リラックス効果
  • 便秘解消
  • アンチエイジング効果

ダイエットをしながら、赤ちゃんにも役立つ効果が期待できますね。

ととまえ茶を飲むと得られる「4つの効果」

ととまえ茶に含まれている天然ハーブから、たくさんの嬉しい効果があることがわかりました。

それを踏まえて、ととまえ茶を飲むことのメリットをまとめて見てみましょう。

①栄養価の高い「母乳作り効果」

普段の食事だけでは、十分な栄養を摂りきれない人が多いと言われています。

その中で、ととまえ茶には、豊富な栄養がたくさん入っています。

バランスの良い豊富な栄養成分を、効率良く摂取することができます。

そして、ととまえ茶で飲んだ栄養が元となって、美味しくて質の良い母乳が作られます。

栄養価の高い母乳は、赤ちゃんの健康や成長にも効果をもたらしてくれます。

授乳中は何かと食べるものにも気を遣いますので、ととまえ茶を飲むことで栄養を補えるのは嬉しいですね。

②痩せやすいカラダを作る「ダイエット効果」

ととまえ茶が、効率的にダイエットができるようサポートしてくれます。

得られる効果は絶大です。

  • 血糖値の上昇を抑える
  • 糖の吸収を緩やかにする
  • 脂肪を分解する
  • 溜まった老廃物を排出
  • 基礎代謝アップ

ととまえ茶の成分が、体を循環させ、デトックス効果を発揮することで、痩せやすい体になっていきます。

代謝が良くなるように体が変わっていきますが、すぐには効果は出てきません。

飲むだけの簡単習慣ですので、少しでも長く継続して飲むことが大切です。

③内側からキレイになる「美容効果」

デトックス効果で、体内に蓄積された余分な老廃物がどんどん外へ出るようになります。

すると、おのずと美容面でも変化が訪れます。

  • 腸内環境正常化
  • 美肌効果
  • むくみ解消
  • 老化から守る

産後だと育児中心の生活にバタバタしてしまって、ママ自身の美容についてはおろそかになりがちです。

でも、ととまえ茶なら、美容のことを諦める必要はありません。

内側からキレイになることで、外側もキレイになっていきます。

赤ちゃんがいても素敵な雰囲気なママを目指せますよ。

④母乳循環を高める「血流改善効果」

脂肪分の多いドロドロの血だと母乳の分泌も悪くなってしまいます。

母乳は血液から作られているからです。

そんな状態では、良い栄養を摂って美味しい母乳を作ったとしても、赤ちゃんに届けることができません。

せっかく作った美味しい母乳ですから、しっかりと赤ちゃんに飲んでもらいたいですよね。

ととまえ茶には血の巡りを改善して、サラサラの血液に戻してくれる効果があります。

すると母乳もサラサラになり、スムーズに赤ちゃんまで運べるようになります。

血流を改善することで、赤ちゃんも喜んで母乳を飲むことができるでしょう。

ととまえ茶の「母乳ダイエット」効果をさらに高める方法

ととまえ茶の効果を最大限に発揮させるために、いくつか方法があります。

生活の中で実践して、ダイエット効果を高めてくださいね。

①ダイエット開始は産後1ヶ月からがベター

出産で変化してしまった体は、産後1年ほどかけて元に戻っていくと言われています。

しかし、「授乳中なら大丈夫」とのんびりしていると、だんだん脂肪が落ちにくくなっていきます。

出産してから時間が経つにつれて、得られる効果も半減してしまうのです。

そのため、始めるなら産後1ヶ月からがおすすめです。

1ヶ月検診が終わった頃から始められるといいですが、ママの体調を回復させることが最優先です。

身体的にも精神的にも、体の回復には個人差があるものです。

出産したばかりの頃は、知らぬうちに何かと負担がかかりがちです。

始めるタイミングは、自身の体調と相談しながら決めていきましょう。

くれぐれも無理だけは禁物ですよ。

もし出産してから何か月か経っていて、まだ授乳期間中なら、今すぐ始めたほうがいいでしょう。

少しでも早く始めたほうが、効果が大きいですよ。

②食事量と食事内容に気をつける

授乳中は、普段よりも必要カロリーが多いのは事実です。

しかし、余分に摂るべき栄養は350kcalが目安です。

母乳のために、たくさん食べなければと思って摂取カロリーを多くしてしまうと、母乳ダイエットの効果がなくなってしまいます。

母乳育児をしているのに、まったく痩せないという人はここに原因がありそうですね。

授乳中は、塩分控えめな和食中心の食事がおすすめです。

低脂肪で高たんぱくな食材を使ったメニューにすることで、乳腺炎の予防にも役立ちます。

乳腺炎はママの食事内容によって十分防げるものですので、赤ちゃんのためにも気を付けていきたいですね。

食事の内容に気を付けながら、ととまえ茶を飲むと効果は一層アップします。

食事前から食後にかけて飲むことで、食欲を抑えることができます。

食べすぎを防いでくれると同時に、各成分の効果が最大限発揮されるようになります。

飲むタイミングを意識するだけで、ととまえ茶の効果を余すことなく受け取れるようになりますよ。

③産後の開いた骨盤を絞める

妊娠時から出産にかけて開いた骨盤は徐々に元に戻るようになっています。

しかし、緩んだままの状態だと、こんなデメリットが・・・

  • 体重が戻りにくい
  • ぽっこりお腹
  • 産後太りのまま体形キープ

そうならないように、ママの体調を見ながら、骨盤を引き締める体操や、骨盤底筋群を鍛える体操を始めるのが有効です。

そんなに激しい運動ではありませんので、赤ちゃんのお昼寝中などに簡単にできますよ。

また、骨盤ベルトを活用することも、骨盤の戻りを促進させてくれます。

けれども、骨盤ベルトはサポート的な位置付けで使うほうが良いです。

もともとの骨盤まわりの筋肉が付いていない状態だと、ベルトを外した瞬間に元に戻ってしまいます。

さらに、ずっと締め付けていることで、血流が悪くなり、冷え性になることもあります。

骨盤体操を中心に行って筋力を付けることで、産後の気になるぽっこりお腹は次第に戻っていきます。

骨盤を絞めることも意識していくと、ダイエット効果がグッと効果が高まりますよ。

④お風呂にゆっくり浸かる

毎日がワンオペで忙しいと、お風呂に浸からずにシャワーで済ませてしまうことが多くありませんか?

「とにかく早く自分の体を洗わなきゃ!」という気分になりますが、時にはお風呂にゆっくり浸かる時間も作ってみてください。

お風呂に浸かることで、日々の疲れを癒すと同時に嬉しい効果も得られます。

  • 血行を促進し、老廃物や疲労物質を排出できる
  • サラサラの血に改善
  • 自律神経を整える
  • 基礎代謝の向上

ダイエット効果を高めるなら、42℃以上の少し熱めのお湯で半身浴すると良いでしょう。

交感神経が活発になり、一時的に食欲抑制効果があります。

血行を促進して、基礎代謝を上げることは、母乳の循環にも役立ちます。

ゆっくりお風呂に浸かることで、得られる効果がアップします。

毎日でなくても、週に何回かはお風呂に浸かってみてくださいね。

最後に:ととまえ茶で産後ダイエットを効率よくやろう!

ととまえ茶の数多くの効果のおかげで、ママと赤ちゃんの2人分の健康維持が可能になることがわかりました。

産前産後のママのことをここまで考え抜かれて、たくさんのメリットを得られるお茶は他にあるでしょうか。

産後のダイエットを有利にするなら、ととまえ茶を取り入れないのはもったいないです。

私も完全母乳で子供を育てましたが、もっと早くととまえ茶の存在を知っていたら、どんなに良かっただろうと思います。

授乳中のママなら、まだ間に合います。

早速、ととまえ茶のある生活を始めてみましょう!

ダイエットサポートティー「ととまえ茶」を購入する

-Uncategorized

Copyright© ととまえ茶の口コミ・評判・効果は?産後ダイエットに効くと噂のハーブティーを徹底解説! , 2019 All Rights Reserved.